+LOGPI!!
+Twitter
+Booklog
+CM


関東・甲信越地区限定。
働く女性、ママにオススメ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新入りの仔猫ちゃん。 | main | 吉村家。 >>
不調。
0
    今週月曜日に派遣会社から連絡があり、11/4から仕事開始となりました。
    それなのに、10月中ずっと、漠然とした不安からときどきパニック発作の兆候らしきものが起きていて、ちょっと不調です…。

    10月中は就職活動してましたが、リーマンショックから世界同時株安に円高と、金融情勢が不安定になっているニュースばかりが耳に入ってきて、なんだか漠然とした不安が胸のなかでグスグスしています。
    予定外に契約終了というのがここ最近続いたせいで、仕事がみつかるまでの間の生活費を捻出するのに貯金を使い果たしてしまい、今はどこを振ってもお金が出てこず生活費の捻出に頭を痛めてる、というのも不安の原因のひとつです。

    たまたま運良く、11月から3ヶ月の短期契約とはいえ仕事に就けたことには一瞬安心したのですが、来年1月には契約が終わるのがわかっているので、1月になったら2月からの仕事を探さなくてはなりません。そのことを考えるとさらに不安が増すのです。そのころには案件が出てくるようになってるという保証はないので、すぐに仕事に就けるかどうかと不安になるのです…。


    いつもの病院で抗うつ剤や安定剤や頭痛用の鎮痛剤などを処方してもらっていますが、睡眠導入剤を飲んでも夜眠れず、朝になってようやく眠くなるという昼夜逆転生活に陥っています。無理して午前中は起きていているようにして、昼ご飯を食べたら昼寝をするようにしているので、頭と身体がちゃんと起きて動けるようになるのが夕方頃になってしまっています。
    ただ、一度起きてしまえば体調は悪くないので、先生に話して薬の種類はだいぶ減らしてもらったのですが、一時薬の種類が増えていた間に副作用で体重が増えてしまいました。そこでダイエットも始めたのですが、昼間ほとんど家にいて夜眠れない分を昼に寝てしまうため、ほとんど身体を動かすこともなく、唯一の運動が「コアリズム」という情けない生活になっており…。

    11月になれば有無をいわさず朝型生活に戻さなくてはいけないのですが、なんとかなるだろう、とあまりストレスに感じないように気をつけています。
    というのも、上に書いたようにヘンな漠然とした不安感から、ときどき手が震えたり、満員電車に乗ることを考えたり歯医者さんで治療を受けることを考えると、とたんに冷や汗が出て心臓がドキドキしてきたり、嚥下障害(食べ物やつばがうまく飲み込めず呼吸困難のような状態になったり)が出てきたりしてるんです。
    これってうつからくるパニック発作の前兆(予期不安)だと思うんですが…。
    今回の現場は家から近くて、電車に乗るのも下り方向へ2駅程度なので、満員電車でもないから通勤中にパニックが起こることはないと思っているのですが、嚥下障害が辛いです。突然のどが詰まって飲み込めない、という感覚が襲ってくるので、食事のときはこわごわ食べ物を口に運んでいる感じです。


    7/23に更新して以来、3ヶ月更新しなかったのは、腰痛に悩まされたのと遠距離通勤でヒマがなかったからなんですが、11月からはまたちょこちょこでも継続して更新していきたいと思ってます。
    | Health & Medical | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。