+LOGPI!!
+Twitter
+Booklog
+CM


関東・甲信越地区限定。
働く女性、ママにオススメ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コールセンターに逆戻り。 | main | 無事に? >>
肩の荷が降りたような。
0
    今日は出勤日でしたが、今日でやっと、本採用の条件の一部をクリアしました。

    正式に本採用となるかどうかは、7月末日までまだあと9日もあるのでなんとも言えませんが、とりあえず首の皮一枚つながったというところでしょうか。

    正直、本採用基準が厳しくて、あまりのプレッシャーから体調がヘンになっていました。頭痛はする、肩コリはひどい、胃がムカムカして吐き気がする、眠れないか寝すぎるかで睡眠異常、やたらと感じる疲労感。

    そして、ついに今週月曜日、仕事中にパニック発作が出てしまいました。正確には完全に発作が出てしまう前にあわてて薬を飲んだので大事には至りませんでしたが、コールセンターの仕事中にパニック発作なんて初めてで、ものすごく焦りました。今まで満員電車やバスの中、歯医者の治療台、美容院のシャンプー台での発作は経験ありましたが、そういう場面の時は、とりあえず人に迷惑かけないので構わないのですが、電話の仕事中にパニック発作で過呼吸とか嚥下障害なんか出ようものなら、声が出なくなるのですから(それどころか呻き声なんか出たりします)、たちまち架電事故になって会社の信用問題になってしまいます。帰りの電車でもまた発作が起きかけて薬を飲む始末。そして、家に帰ってから猛烈な吐き気に襲われて、のたうちまわってしまいました。

    翌日は出勤日だったのですが、朝から猛烈なだるさと眠気で耐えられず、無理して起き上がったら嚥下障害がひどく、また薬を飲みました。薬は頓服で即効性のあるものなので20分もすれば落ち着いてくるのですが、それでもずっと手が震えていました。これは今日は仕事できないんじゃないかと思い、会社に電話して休ませてくださいと申し出ました。今の職場で休んだのは初めてです。幸い、前日の私の異変に気づいていた上司が電話に出てくれて、なにか不安とか悩んでることがあったら言ってみて、と言ってくれたので「本採用条件にあと一歩のところでうまくいかないのがプレッシャーになっている」と話しました。すると、とても優しい言葉をかけてくれたので、私はなんだか涙が出そうになりました。明日はなんとしてもがんばって行くぞ、と思えたのでした。

    そして、今日、恐る恐る出勤し、架電席に座り仕事を始めました。開始した直後は手が震えて嚥下障害が少し出てしまったので、こりゃヤバイと思ってすぐに薬を飲みました。しばらくすると落ち着いてきて、普通に話ができるようになり、気がついたら本採用条件の一部をクリアしていました。そしたら、気がラクになって、すらすらと話ができるようになっていました。やはりプレッシャーに感じていたんだなと改めて理解しました。

    実はかなりプレッシャーを感じていることは自覚していたのですが、自分からリタイアするのもシャクなので、精一杯やることやってダメだったら仕方ない、ぐらいの開き直りをしていたつもりでした。でも無意識のうちに、これでもし本採用にならなかったらまた就活しなくちゃならないのか、という強迫観念にかられていたようです。都合の悪いことは見ないフリしてるつもりでも、身体は正直ということですね。

    まあ、月末になってみないと正式なことはわかりませんが、とりあえず肩の荷が降りました。少しホッとしてます。
    | Job | 02:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。