+LOGPI!!
+Twitter
+Booklog
+CM


関東・甲信越地区限定。
働く女性、ママにオススメ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ダメだ、リタイア。 | main | 2012年06月07日のひとりごと >>
めんどくさい。
0
    JUGEMテーマ:転職しても大変
      夜も夜中ですが…。

    耳鳴り、ちっとも治まりません。
    ちっちゃいクマゼミが、左耳の中でシャーシゃー鳴いてる感じ。
    なんなんだ、これ。

    加齢のせいとか、高血圧のせいとか、心的ストレスのせいとか、外的ストレス(突発性難聴)とか、なんだかいろいろ考えたんだけど、どれも当てはまるような当てはまらないような。
    耳鼻科の先生が言うには、どの器官がどんな状態になるから耳鳴りが起きるというのはわかっているけど、その器官がその状態に陥ってしまう原因は不明なんだとか。

    昼間はいいんだけど、夜、静かになるとやたら耳障り。でも、それで不眠になるほど神経質にはなってないので、まだマシなのかな。





    ちなみに、
    今日は猛烈に腹が立ってるんだな。
    ダンナが言うには、やっと吹っ切れてきたな、だそうで。
    要するに、その事象に対して「腹が立つ」という感情は正常、ということらしいんだけど、私的には反省点がないわけじゃない。

    不正をするように人に押し付けたり、努力もせずにラクして物事を片付けようとしたりと、知恵も配慮も足りない言動を繰り返す人に対して、見て見ぬフリ・聞いても聞かぬフリもいい加減限界が来て、今じゃ呆れて軽蔑するような態度がつい出てしまう私もオトナ気ないのはわかってる。そこは反省点。

    でも、そんな人に、「偉そうな態度」と言われて、
    「あなたにそんなこと言われる筋合いはないし」
    と思ってしまう私。
    自分を正当化する気はないけど、敬えだの尊敬しろだのと言われたら、かなりムリ。できない私が悪いのか?間違ってるのか?

    ↑要するにダンナは、「腹が立つのは当然」=「この疑問は考えるだけムダ」と言いたかったらしい。

    気づいてないとか知らない(教わってない)という人になら、話して説明して(教えて)、気づいていただくなり理解していただくことは大切だと思う。だけど、何回説明を聞いてもわかってない人・わかろうとしない人にわからせることほど虚しいことはないので、わからないなんて可哀想、と思うしかないわけで。



    とまあ、若干、頭に血が上ってるもんだから、

    血圧上がって耳鳴りが激しいのかな…。
    | Mur Mur | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://nanablog.nanaworks.jellybean.jp/trackback/1142665