+LOGPI!!
+Twitter
+Booklog
+CM


関東・甲信越地区限定。
働く女性、ママにオススメ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 誕生日がきてしまいました。 | main | グチは書くまい、と思ってたけど。 >>
検査。
0
    3月の終わり頃から、頭痛が頻発していて、会社も午前休とか休みが多くなってしまい、上司の方から、一度検査を受けてみたらどうかと勧告されてしまいました。

    自分では、かかりつけの病院で頭痛のことは話していて、先生からは検査を勧められてはいなかったのでちょっと戸惑いましたが、上司の方がそうおっしゃったのは、何か対処をしなくては職場のみなさんに説明がつかない状況だ(契約を継続するか切るかの瀬戸際ということ)、という理由なのは理解できたので、上司のいうことを聞いて検査を受けることにしました。

    実は5年くらい前にも頭痛が頻発した時期があり、当時のかかりつけの病院の先生から「症状を聞いているかぎり異常はないと思うけど、念のため頭部CT検査受けてみる?」といわれ、紹介状をもらったことがあったのを思い出しました。ただ、そのときはパニック発作のことが気になったのと、仕事が忙しくてヘタに休めそうになかったので検査を受けずにすませてしまったのですが、今回はイヤとか怖いとか言ってられる状態ではないので覚悟を決めたわけです。

    今回はかかりつけの病院からは紹介状をもらわず、近所の脳神経外科がある総合病院に電話で問い合わせたところ、まずは内科の外来診察を受けてから必要と判断したら検査するということでした。頭のほかにも心臓のほうも気になっていたので、この際だから両方検査をしてもらおうと思って、月曜日に総合病院の内科で診察を受けました。

    まず頭痛から症状を聞かれ、もともと右側の片頭痛があるのと、頚椎椎間板症で肩コリが酷いので筋緊張性頭痛もあるのだけど、数年前から左側に片頭痛が起き、左の目の奥が痛くなることを話しました。そしてここ1ヶ月くらいはほぼ毎日のように頭痛があると話しました。すると先生からは、片頭痛が左側でも起きるようになったことについては特に心配なしとのことでした。そして、「片頭痛と筋緊張性頭痛では痛み方が違うのはわかってますよね」とおっしゃって、片頭痛発作を抑える薬(ゾーミッグ)と、頭痛時の鎮痛剤(ブルフェン:医療用イブプロフェン)の2種類を処方してくれました。
    以前頭痛が頻発した時期に、かかりつけの病院で種類の違う片頭痛発作を抑える薬(ミグシス)をもらったことがあったのですが、これが結構効き目があったのを思い出し、助かったと思いました。かかりつけの病院では頭痛時の鎮痛剤はロキソニンをもらっているのですが、ロキソニンでも効かないときはブルフェンを飲むように、と指示されました。こちらは片頭痛にも効きますが、筋緊張性頭痛のときにより有効なのです。(医療用なので市販薬よりイブプロフェン容量が多い)
    ついでに骨格系筋弛緩剤(ミオナール)も処方してしようかとおっしゃったのですが、以前飲んだことがあるけど効かなかった、と話してやめてもらいました。正直、今私に処方されている薬はどれもこれも「副作用:眠気」なので、これ以上眠くなる薬は仕事に支障が出るので勘弁、です…。

    肝心の頭部CT検査はというと…。
    先生の話では、まずかかりつけの病院で頭痛についてはなんと言われているかと聞かれました。特に何も言われていないと答えると、そちらの病気のほうとの関連がありそうだ、おっしゃいました。要するに心因性またはストレス性の頭痛と思われる、という意味です。頭部CT検査の適応は通常「今まで頭痛のなかった人が頭痛がおきるようになった場合」なのだとか。でも私は、以前紹介状を書いてもらったことがある経緯を話して、検査してもらいたいと少しゴネてみました。すると、「じゃあ、念のため検査してみましょうか」ということになりました。運良くその場で予約が取れたので、そのまま少し待って頭部CTを撮ることになりました。

    頭痛の話のあとで心臓の話をして、16歳のときに冠状動脈造影検査を受けたこと、異常は見当たらなかったが定期的に検査を受けるように言われたこと、会社を辞めてから9年間まともな健康診断を受けておらず、心電図もとっていないので気になっているということを話したら、こちらはすぐに検査をしてもらえました。


    先に心電図をとったあと、少し待ってから頭部CTを撮りに検査室へ行きました。パニックが出ないようにと祈りに祈って、目を絶対開けないようにして検査を受けました。幸い、CTはMRIと違って、頭の周りだけに輪をかぶせられる感じなので大丈夫でした。その代わり、午後から会社に行ったのですが、結局レントゲンを受けたのと同じなのでそのせいで頭痛と吐き気に襲われ、定時から1時間後までいるのがやっとで、逃げるように退社してしまいました。

    そして今日火曜日も朝から頭痛が始まり、頭痛は薬で抑えられたのですが酷い吐き気が止まらず会社休み、となってしまいました。(夜になってやっと吐き気が止まりました)


    検査結果は来週月曜日に出るので、来週また病院に行きます。
    先生の話の感じだと、頭のほうは異常なしで心因性またはストレス性と言われるんじゃないかと思っています。その前に土曜日にいつもの病院の通院日なので、そのときに頭痛の話をもう少し先生に話してこようと思います。
    それより心臓のほうが異常が出るんじゃないかと…。最近は心臓エコー検査ができるので、昔みたいに入院して検査なんてことはないので気が楽ですが、精密検査しないとダメかもしれません…。
    | Health & Medical | 23:51 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    今頭痛がためのもののいずれかを簡単に薬を服用によって救済を得ることができる正常な動作です。また、ほとんどの人は今すぐ頭痛のように直面していることが言えるでしょう。
    | メキシチール点滴静注&#160; | 2011/02/15 5:52 PM |
    ☆rieさん
    ご心配いただいてありがとうございます。
    先ほどのレスにも少し書きましたが、私も自律神経系の不調ではないかという感じはしているのですが、内科の診察でははっきりとは診断されないですよね。かかりつけの心療内科は神経内科もやっている先生なので、土曜日に通院した時に少し突っ込んで聞いてみようと思います。といっても飲むべき薬は充分もらっているし、これ以上薬を増やすようなことにはならないんだろうな〜。となると、どう対処したらいいのかしら…。先生に頼るしかなさそうですね。
    ちなみに、今ストレスはあるかと聞かれれば、おっきなストレスが1つあるんです。

    ☆おやびんさん
    ご心配ありがとうございます。
    rieさんのレスにも書いたとおりなんですが、もともと頑固な頭痛もちなので慣れてはいるのですが、頻発するのはストレスか気候的なものが原因じゃないかと思ってます。
    ストレスの原因は思い当たるものがあるんですが、どうしようもないことなので悩んでても仕方ないのは重々承知なのに、どうしても頭から離れないんですよね。
    ここに書いて楽になりたい、と最近思ってます…。
    | なな | 2008/04/23 9:04 AM |
    rieさんが書いてるように病院ではわからない精神的な部分の可能性もありますよね

    精神的な部分であれば尚更、無理せずに
    ゆったりと過ごして下さいね

    検査の結果、何事も無いことを祈ってます
    | おやびん | 2008/04/23 8:47 AM |
    前のコメントにも書きましたが、
    自律神経系の不調でも、頭痛が起きます。
    低血圧の場合でも、同じようなことがあります。
    自律神経失調症の一種である「起立性調節障害」の長男は、疲れやストレスから症状が出ます。
    自律神経は精神的な部分と深くつながっているので、ちょっとしたことが原因でうまく働かなくなることがあるそうです。
    このように頭に原因がない場合でも、頭痛で苦しむ人ってあんがい多いんですよ。
    このような場合、ストレスをためないで、心と体をリラックスすることを心がければ少しは楽になるので、
    あまり無理せずに、楽に過ごせればいいんですけれど・・・

    とにかく、少しでも楽になることをお祈りしています。
    | rie | 2008/04/23 1:21 AM |









    トラックバック機能は終了しました。