+LOGPI!!
+Twitter
+Booklog
+CM


関東・甲信越地区限定。
働く女性、ママにオススメ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グチは書くまい、と思ってたけど。 | main | リラックマ。 >>
そうだったのか!
0
    今日はいつもの病院の通院日だったので、午前中に行ってきました。

    前回(2週間前)の通院日のときも、頭痛が頻発していることを話してはいたのですが、今日も、この2週間も頭痛続きだったことを話しました。そして、会社の上司に言われて、月曜日に総合病院に行って頭部CT検査をしてもらったことも話しました。

    先生の反応はやっぱり、「異常は見つからないだろうな〜」でした。先生の診断も心因性(ストレス性)だろうということです。

    そこで、思い切って職場でストレスに感じていること(下のエントリーに書いた内容)を話したところ、意外な答えが返ってきました。


    私「職場で誰も話ししない、というかコミュニケーションがないんです」

    先生「それって、忙しいからじゃないの?」

    私「そりゃそうなんですけど…、それにしても必要なことでも会話がなくて」

    先生「職場の人って、男性?女性?」

    私「男性ばかりです」

    先生「会話がないって、あなたに対して話しかけてこないってこと?」

    私「いいえ、全体的にみんな会話がないっていうか、すごく少ないんです」

    先生「なるほど、そりゃ仕方ないかもしれないな」


    …。
    えっと、どういうこと?
    思いつきもしなかったその回答。

    つまりこういうことです。
    元来、男性は女性ほど会話を必要としない、特に仕事中は。
    必要最低限の話しさえできれば、あとは仕事に集中する、という人が多いということではないか、というわけです。


    確かに今いる職場は、今まで私が行った中でイチバン、女性の比率が少ないんです。
    今までの行った職場は、同じ職場に複数の協力会社が常駐しているスタイルがほとんどで、自分が所属する協力会社に少なくとも2割〜3割くらいは女性がいました。
    今の職場も同じフロアに複数の協力会社が常駐していて、他社には数人ずつ女性がいるので、フロア全体では女性は3割弱ぐらいだと思うのですが(それでも今までの中では少ないほう)、私が所属している協力会社は極端に女性が少なくて、約30人の中に女性は私を含めてたった2人、1割未満なのです。
    私が2月に参画したとき、同時に女性がもう1人入りました。それまで1人だけ女性がいたので一時は3人になったのですが、3月に1人辞めてしまって今は2人。
    そう、常にこの協力会社は男所帯だったわけなのです。

    そのことは、実は面接時に聞かされていて、「それでも大丈夫ですか?」と質問されたのを思い出しました。私はもともと女性ばかりの職場に行ったことがほとんどなくて、一時女性ばかりの職場にいたときはストレスを感じて「私には向いてない」と思ったこともあったので、その質問に「慣れてますから大丈夫だと思います」と答えたのですが…。

    それでも、ここまで男くさい職場は初めてです。今までの経験でいくと、男性ばかりの中でも会話や雑談が好きな男性が数人いたりしたのですが、今の職場にはそういう人もいないのです。そのことに戸惑っているんだということに、先生の一言で気づかされました。目からウロコ、とはこのことです。


    先生はさらにこう続けました。
    「あなたはあなたのペースで、話しかけても、席を立っても、定時退社してもいいと思うよ。やることをきちんとやっていれば、自分のペースで通してもいいんじゃない?周りに合わせようとすることはないよ」

    先生、そうですよね。
    休んだり遅刻してちゃ、ますます自分のペースを作れなくなってダメになっちゃいますよね。
    …と、すっかり落ち込んでしまったのでした。


    で、先生からの具体的なアドバイスはこうでした。
    そういうストレスがあるのなら、恐らく、片頭痛より筋緊張性頭痛のほうが多いはずだけどどうだろう?肩コリや首筋のコリも酷いはずだけど。もしそうなら、仕事中に最低でも2時間に1回は席を立って、トイレでもどこでもいいから、伸びたり肩を回したりすること。これだけでもだいぶ違うと思うよ。
    薬(精神安定剤)を増やすのはちょっと様子みてみようか。


    ハイ、やってみます…。
    薬を増やすのは、眠気が気になるのでイヤです…。


    ということで、今日の診察は終わりでした。薬は今までと変わらずです。





    とはいうものの、目からウロコは落ちたんだけど、ホントにやってけるかどうかはまだ不安です…。
    | Health & Medical | 15:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    ☆おやびんさん
    先生に、リーダーさんが暗いのでは?と聞かれました(笑)。会社とかチームリーダーさんによっても雰囲気がずいぶん違いますよね。今のチームのリーダーさんは暗くはないですがとても無口な人で、チーム全体が静かなのはそのせいではないかと思ってます。
    仕事時間の合間に席を立ってストレッチしにいくのは全然構わない、と上司の方が言ってくださって、なんなら整形外科に定期的に通って電気針打ってもらってくれば、とまでいってもらえました。しばらくは定時退社でいいそうです。
    少し気が楽になりました。
    | なな | 2008/04/30 8:25 AM |
    確かに男性は、仕事に集中する人が多いかもしれませんね

    でも、性格にもよるでしょうし、会社のカラーというか雰囲気でも違ってくると思います

    が・・・nanaさんの記事で読む限りかなりの仕事量のようなので、そうなってしまうのもしかたないのかもしれませんねf^^;

    nanaさんは、あまり会社からのプレッシャーを感じず、その日一日一生懸命やって、定時で上がれば全然問題ないと思います
    もともと、無理難題を強いてるのは会社の勝ってですし・・・(生意気言ってすみませんf^^;)

    先生がおっしゃったように、途中で休憩しつつ深呼吸や軽くストレッチして、気分転換してみて下さいね
    | おやびん | 2008/04/28 2:17 PM |









    トラックバック機能は終了しました。